毎日、お仕事お疲れさまです。休日くらいはゆっくりしたり、遊びに出かけたりしたいものです。そんなあなたにピッタリの最速お部屋探しの方法をお伝えします!

引越をする理由を明確にする!

最速のお部屋探しであっても、引っ越したあとに後悔したら意味がありません。そうならない為には「引越しをする理由」を明確にして書き出しておきましょう。


例)通勤時間短縮の為、もっと広い部屋、もっと日当たりの良い部屋など。


image


お部屋探しの希望条件を整理する!

引越理由が明確にできたら、希望条件を書き出してみましょう。そして優先順位をつけることで具体的なお部屋のイメージができるはずです。


例)通勤時間短縮が目的だから職場から30分以内で駅からの徒歩5分以内で、予算は〇〇円で、バスとトイレが別々のお部屋など。

 image (1)



不動産ポータルサイトで検索する!

HOME'SやSUUMOなどの不動産ポータルサイトに希望条件を入力して検索してみましょう。検索して出てきた物件で気に入ったものをピックアップして、優先順位をつけておきましょう。もし、検索しても出てこない場合は希望条件と相場家賃があっていないので、家賃相場を確認して希望条件を見直しましょう。

image (2)



周辺の情報をインターネットで検索する!

気に入った物件をピックアップしたら、ポータルサイトから得られる情報だけでなく、地図で場所を確認したり、ストリートビューで物件周辺を画像で確認したり、周辺のお店を調べたりしましょう。

image (3)



気になる物件の優先順位をつける!

物件を選定して、物件の周辺状況を調べたら、お問い合わせをする前に再度、気になる物件の優先順位をつけましょう。この順位がいい加減だと、営業マンの営業に負けてしまい自分の希望するお部屋に住めない可能性が高くなります。
 
image


上位3つをお問い合わせしてみる!

インターネット上には、すでに成約してしまったお部屋やおとり物件が掲載されていますので、上位3つくらいはお問い合わせをしてみましょう。そして実際にお部屋が募集されていて見れるお部屋の一番優先順位が高いものを内見依頼しましょう。


※おとり広告の場合も、「お問い合わせのお部屋は現在も募集中です」と言われますが、実際に不動産会社にいくと「先ほど、他社さんで決まってしまいましたので、他の物件を紹介します」と言われますのでご注意ください。その場合はすぐに帰りましょう。

image (1)



現地確認のため、1件だけ内見する!

すでにお部屋も、周辺環境も調べてありますので、確認の為、1件だけ内見しましょう
。2件以上見ると、迷いが生じます。そして、迷うと結局は希望した条件のお部屋ではないものに決めてしまうことが多く感じます。だからこそ、下調べをしっかりして、確認の為に1件だけ内見するのが大切です。問題がなければお申込手続きへ。

image (2)


最速お部屋探しの方法まとめ!!

 さて、いかがでしたでしょうか?私が長年不動産会社で営業してきた中で自分で探す効率の良い方法は上記の通りです。ポイントとしては自宅で下調べを徹底的にして、実際に見るのは1回だけ、1件だけにすることです。

「忙しいあなたへ」というお題なのに、以外に手間がかかるなと感じた方もいると思います。しかし、お部屋探しで後悔しない為には、最低限でもこのくらいはやる必要があるのです。

逆に一番やってはいけないことが、不動産会社にまかせてしまうことです。私が勤務していた大手チェーン店も実際にお部屋を見にこない法人の社宅探しはひどいものでした。

まず、オーナー側から報酬(広告料)が出るものを選び、その中で自社で管理している物件やなかなか借り手が見つからない物件を選びます。

そして、その家賃や礼金などの条件を社宅規定の上限に合わせて変更して、法人へ物件資料を送付して契約までいたるのです。

そんなこともありますので、引っ越したあとに後悔しない、良いお部屋に引越をするために上記の「最強お部屋探しの方法!!」を参考にしてください。

お部屋探しは自己責任です。不動産会社の営業マンは売上ノルマや人気のない自社管理物件を決めなければいけないプレッシャーがありますので、あてにしてはいけません!!